色をキレイにしたい

 あそこの黒ずみや色素沈着も女性に多い悩みのひとつ。女性器が黒くなる原因、対策方法、クリニックでの治療法をくわしく紹介します。

あそこ(女性器)の黒ずみの原因って?

世間では「セックス経験が多い人ほどあそこが黒い」などと言われていますが、女性器の黒ずみと性行為は全く関係ないことが医学的に証明されています。

では何が原因かというと、主に色素沈着(メラニンの増加)が考えられます。女性器に色素沈着がおこる理由は以下の3つ。

1.生まれつきメラニンが多い

メラニンはもともと誰もが体内に持っているものなので、生まれつきメラニンが多ければ女性器の粘膜も黒っぽくなり、もともと少なくてキレイなピンク色をしている人もいるのです。

2.ホルモンの影響

前より女性器が黒くなった?と感じる場合、女性ホルモンの影響が考えられます。妊娠や加齢、ストレスなどでホルモンバランスが変化することで、メラニンが増加して、以前より女性器が黒ずむことがあります。

3.外部の刺激によるもの

色素沈着が起こる原因というと紫外線によるいわゆる日焼けが代表的ですが、皮膚は外部からの刺激があると、攻撃から身を守るようにメラニンを自ら生成します。女性器への刺激で考えられるのが、アンダーヘアの自己処理、下着が擦れることでの摩擦、ムレなど。下着でなくても生理用品でかぶれて、炎症を起こしてたのが原因で黒ずみになることもあるようです。

対策方法

石鹸やクリームなど、市販でも女性器の黒ずみ解消アイテムは購入できますが、顔のシミとは違って、女性器は粘膜なので、基本的に自分で美白ケアをするのはやめておくのが良いかもしれません。自宅でできることとしては、通気性が良く肌に優しい下着を選んだり、生理中はなるべくムレないようこまめにナプキンを変えることなど。女性器を摩擦や不衛生な状態から守ってあげることで、黒ずみを防止することができます。

クリニックでのおすすめ治療

女性器の黒ずみ解消は、クリニックでの治療が最も効果があって安心。以下の治療がおすすめです。

ホワイトニングレーザー

最も即効性が高いのが、デリケートゾーン専用の黒ずみ除去レーザーです。内側のヒダの部分や小陰唇まで照射することができて、1回で目に見えて色が薄くなったという声も多くあります。

塗り薬の処方

クリニックによっては、女性器にも使える美白効果のある塗り薬を処方してくれるところもあります。ハイドロキノンの他は、よりお肌に優しい植物由来のオイルなども。ピーリング作用のある石鹸とセットで処方してもらえることもあります。

ケミカルピーリング

酸の働きで古い角質を除去して、新陳代謝を促進させることで、女性器のくすみやざらつきを改善します。

手術

黒ずみが起こりやすい部位を手術で除去する方法もあります。主な方法は、小陰唇縮小手術やレーザー手術がありますが、少なからず痛みや出血は伴うので、黒ずみを取るためだけに手術を行う人は少ないようです。

膣縮小おすすめクリニック比較ランキングBEST5

pagetop