かゆみ・においがある

女性器のかゆみやにおい、オリモノが多い原因や、自宅での対処方法、クリニックでのおすすめ治療をまとめました。

女性器のかゆみやにおい&オリモノが多い原因

【見出し】女性器のかゆみやにおい&オリモノが多い原因

女性器のかゆみやにおいの一番の原因とも言えるのがオリモノです。

おりものは、膣内で細菌が繁殖するのを防ぐための分泌液で、通常は生理直後から分泌されて排卵期に最も多くなります。

ですが、おりものは不規則な生活やささいな体調の変化でも量が増えやすく、放っておくと匂いやかゆみの元になってしまいます。

人によってはおりもの自体がにおうこともあり、その場合は、生まれつきの体質、加齢、普段の食事内容なども原因のようです。

その他には、石鹸で洗い過ぎたり、汗やナプキンによる蒸れもにおいやかゆみの原因のひとつ。生理の終わりかけに匂いが強くなることもあります。

また、これらのニオイとは少し違う独特なニオイを発するのが、すそワキガという症状。

女性版のワキガとも言われていて、デリケートゾーンにあるアポクリン腺から出る汗によって独特なニオイが発生します。

汗をかくと強烈な匂いが出る人は、すそワキガの可能性もあります。生まれつきの体質なので自分で治すことはできませんが、クリニックでの治療で改善できます。

自宅でできる対処方法

  • オリモノシートを利用する

おりものの量が多かったり、ベタつきがある場合は、市販のオリモノシートを利用するのがおすすめ。

下着の中を常に清潔に保つことで、菌が繁殖するのを防いで匂いやかゆみの元を撃退することができます。

  • デリケートゾーン専用の石鹸を使う

匂いやかゆみをおさえるには、毎日使う石鹸も重要なポイントです。膣の内部の粘膜は酸性に保たれているので、市販のアルカリ性石鹸では匂いが強くなることがあるそう。
また、洗い過ぎると粘膜が剥がれてかゆみなどの刺激を感じやすくなったり、逆にきちんと汚れが落ちないこともあるので、デリケートゾーンは専用の石鹸を使うのが安心です。

  • 自分に合ったナプキンを探す

生理中はとくに匂いやかゆみ、かぶれも出やすいので、ナプキンや下着の素材も見直してみましょう。
下着はシルクより綿を選び、むれにくい素材や肌に優しい素材のナプキンを選ぶのがベスト。通気性の良さでは、布ナプキンやタンポンもおすすめです。

クリニックでの治療法

クリニックでは、女性器のにおい・かゆみ対策に以下の治療が受けられます。

小陰唇縮小手術、クリトリス包茎除去術

クリトリスの外側にあるヒダ(小陰唇)やクリトリスを縮小する手術で、恥垢が溜まりやすいのが原因で発生する匂いを改善します。
どちらの手術も、治療時間は30~40分ほど。3~4日は生理のような出血が続きますが、1ヶ月後には見た目も元通りになり性交も可能です。

レーザー治療

レーザーは、クリトリス包茎を改善するLaserProダイオードと、膣の乾燥による匂いを防ぐ治療(インティマレーザー、CO2レーザーなど)の2種類があります。いずれも治療時間は30~40分ほど。治療法によって3~14日で性交が可能です。

すそワキガ治療

毛根に電気針をさす電気凝固法という方法で、すそワキガの臭いの元を撃退します。施術は2~3ヶ月に一度の頻度で、平均2回ほどで症状が改善するそう。

脱毛

においやかゆみ対策には脱毛も効果的。IラインやVラインの毛を減らすだけで、生理中も蒸れずに快適に過ごせて、デリケートゾーンを清潔に保つにも最適です。

性器のにおいやかゆみは、病気が原因の場合も

女性疾患の中には、女性器にかゆみやにおいが出る病気もたくさんあります。考えられるものとしては、トリコモナス膣炎、クラミジア、ヘルペスなどの性感染症、小陰唇肥大、子宮がんなどもそのひとつ。

もしかしたら病気が原因でかゆみや臭いが出ている場合もあるので、なるべくならクリニックで検査を受けておくと安心です。

確実に膣圧をアップできる方法はこちら

膣圧アップ方法をチェック

pagetop