大陰唇が大きい

大陰唇が大きい、シワが多い、垂れ下がっているなどの症状を改善する方法や、肥大する原因、大陰唇縮小のメリットなどについてまとめています。

大陰唇とは?大きい原因や大陰唇縮小のメリット

大陰唇とは、女性器の一番外側にある脂肪でできた膨らみ部分で、女性器全体を覆って保護する役目を持っています。

生まれつき大きい人もいれば、下に垂れ下がっている、シワが多いことで悩んでいる女性などもいます。

大きい原因はほとんどが先天的ですが、歳とともに垂れ下がったり、シワが増えることもあります。最近はデリケートゾーンの脱毛をする女性も多く、Iライン脱毛をしてから大きさが気になって治療を受ける方も増えているようです。

大陰唇縮小の手術を受けることで、シワやたるみ、黒ずみなどを取って見た目を若返らせることができるのがメリットです。女性器全体のサイズを小さくする効果もあるので、性行がしやすくなる人もいるようです。

クリニックでの主な治療方法

クリニックによって異なりますが、主な治療方法は、以下になります。

切除法(大陰唇縮小手術・大陰唇除皺術)

大陰唇の脂肪を切除する手術で、余分やシワやたるみ、黒ずみ部分なども除去できます。手術時間は30~40分程度。治療後は3、4日生理のような出血がありますが、抜糸の必要もなく、性交は治療後1ヶ月から可能です。

レーザー治療

女性器専用のレーザーを使って、大陰唇を切除して縫合することもできます。ダウンタイムや治療時間は切除法と同じですが、局部のむくみが少なく、術後の負担が軽く済むのがメリットです。

脂肪吸引

恥丘を1センチほど切開して脂肪吸引をすることで小さくします。ただし、主に大きさを小さくするのみで、シワ、たるみ、黒ずみの改善には切開手術がおすすめです。 

確実に膣圧をアップできる方法はこちら

膣圧アップ方法をチェック

pagetop