愛され膣美人に必ずなれる 膣トレ・膣引き締め完全マニュアル » 意外と多い?誰にも言えない女性器の悩みと解決策 » 感度を上げたい

感度を上げたい

Gスポットの感度を上げたいという悩みについて、考えられる原因やセルフ対策方法、またクリニックで受けられる手術をまとめました。実際に治療が受けられるクリニック(都内)も一覧で紹介していますよ!

Gスポットの感度が悪い原因は?

出産経験などにより膣がゆるむと感度は悪くなり、セックスをしても「あまり気持ち良くない」と感じる女性は少なくありません。そんな女性の“感じやすさ”に大きく影響するのが、「Gスポット」と呼ばれる部位です。

膣の前壁の膀胱頚部で、中指を入れたときに第一関節から第二関節あたりに当たる部分。一般的に、ここは女性が一番感じると言われている部位です。

女性ホルモンの低下や膣のゆるみなどにより、この「Gスポット」への亀頭の刺激を感じにくくなると、セックス中に快感を得にくくなります。

ただ、ほぼ100%の女性が感じるクリトリスと違って、Gスポットではそもそもあまり感じない、という女性も中にはいるよう。「クリトリス以外でオーガズムを感じない」「むしろ膣の奥の方が気持ち良い」など感じ方は十人十色なので、Gスポットは感じるための1つの重要な要素と考えるのがよいかもしれません。

自分でできるGスポットの感度を上げる方法

膣トレ体操やグッズを使った膣トレなどで膣圧ケアをするのも1つの方法。膣が締まればGスポットへの刺激を感じやすくなることもあります。

また、女性器整形を得意とする美容クリニックで治療を受けるのもおすすめ。直接的にGスポットの感度を良くする施術を受けられるところもあります。専門知識を持ったドクターによる治療なので効果は最も高く、確実でしょう。

さらに、女性の場合、セックスで感じるか感じないかは精神的な面も大きく影響します。女性にとって本当に気持ちの良いセックスには、相手への信頼や、相手に対する愛情(相手からの愛情)も大きなポイント。セックスに対する不安や嫌悪感といった感情から不感症になるケースもあり、この場合は無理せず自分のペースで性行為に挑むほか、相手に自分の状況を伝えて気持ちを共有することも大切です。

Gスポットの手術などクリニックのおすすめメニュー

クリニックでは、Gスポットの感度を高める直接的な施術も受けられます。

G‐Shot(G‐ショット)

女性がオーガズムを感じる「G‐スポット」に特殊な手技を用いてヒアルロン酸注入することで隆起を作り、より感度を高める方法。半年ほどで徐々に吸収されていくため、定期的に注射して維持する人もいます。手軽な処置のため当日から日常生活が可能です。

Gスポットの施術を行なっているクリニック一覧

それでは、G‐スポットの感度を上げられる「G‐Shot(G‐ショット)」が可能な都内のクリニックを紹介します!

みどり美容クリニック・広尾

【所在地】東京都渋谷区広尾5丁目16-2KITAMURA65KAN 3F

【アクセス】東京メトロ「広尾」駅2番出口より徒歩1分

【診療時間】10:00~19:00(完全予約制)

【Gスポットの施術メニュー】G‐Shot

湘南美容外科クリニック

【所在地】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F

【アクセス】JR「新宿」駅西口より徒歩10分

【診療時間】10:00~19:00(予約制)

【Gスポットの施術メニュー】G‐Shot

東京美容外科

【所在地】(銀座院)中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F

【アクセス】各線「銀座駅」徒歩6分

【診療時間】 10:00~19:00(完全予約制)

【Gスポットの施術メニュー】G‐Shot

本田ヒルズタワークリニック

【所在地】(東京駅前院)東京都中央区日本橋3‐4‐16春陽堂ビル4F

【アクセス】(東京駅前院)「東京駅」徒歩2分

【診療時間】(東京駅前院)ホームページに記載なし

【Gスポットの施術メニュー】G‐Shot

Gスポットの感度に関する相談なら、女性器整形の実績がある、専門性の高いクリニックが安心。女性器整形に力を入れている都内のクリニックを厳選紹介しているページもありますので、ぜひクリニック選びの参考にしてくださいね。

婦人科形成・
膣縮小メニューがある
東京のクリニック
20選を見る