愛され膣美人に必ずなれる 膣トレ・膣引き締め完全マニュアル » これで安心!クリニックでの膣縮小にかんするQ&A » 膣縮小治療の流れが知りたい!

膣縮小治療の流れが知りたい!

婦人科形成の治療内容は多岐にわたります。膣縮小の施術だけでも、切開手術から注入治療まで様々です。こちらのページでは、クリニックで受ける膣縮小の大まかな治療の流れと、それぞれの施術の施術時間をまとめました。

カウンセリングから施術までの流れ

それではクリニックの施術までの流れを説明しましょう。

1.カウンセリング予約

各クリニックの公式ウェブサイト上から予約できます。予約の際に相談内容を書き込みます。メール相談などを行っているクリニックもあります。

2.カウンセリング

専任カウンセラーもしくは医師がカウンセリングを担当します。クリニックによっては施術を行う医師がカウンセリングからアフターケアまでを担当します。

3.施術を受ける

施術内容や日程が決まったら、いよいよ施術です。内容にもよりますが、15分~1時間半程度で終了する施術がほとんどです。

4.ダウンタイム~帰宅

施術後はそのまま帰宅できるか、施術の内容によってクリニックで休憩を取ります。ごくまれに、膣縮小手術を行った場合は入院を必要とするクリニックがあります。

5.後日診療

施術後の診察が必要ない施術がほとんどですが、縮小手術などは後日診断を必要とするクリニックもあります。また抜糸が必要な場合も少数ですがないわけではありません。

カウンセリング当日に施術まで行ってしまう施術もあれば、施術日を決めて後日施術を受ける場合もあります。

またカウンセリングから施術、アフターケアまでを一貫して一人の医師が行う病院もあります。このような体制なら施術後の不安も解消できます。

膣縮小施術ごとの施術時間はどれくらい?

注入法(注射):10分

膣縮小手術の中で最も施術時間が短いのが注入法です。特別な機器を使用せず、膣のゆるみが生じている部分にヒアルロン酸や脂肪を注入するだけなので比較的簡単な施術です。

ビビーブ(高周波):30分

膣入口のすぐ内側にある組織に特殊な高周波を当て、コラーゲンの生成を促すことで膣のゆるみを改善します。メスを使用しないので麻酔が必要なく、30分という短時間で施術が完了します。

レーザー照射:30分

レーザーによって膣内組織にコラーゲン繊維をつくりだし、膣を引き締める方法です。レーザーが発生する器具を膣の奥まで挿入し、少しずつ抜きながら3~5回に分けて照射していきます。治療時間は30分ほどです。

切開手術:40~60分

膣内のゆるんだ筋肉にメスを入れ、引き締めるように縫い合わせていく手術方法。メスを使用したり、高度な技術が必要になったりする手術なので、膣縮小施術の中では長めの40~60分という施術時間が必要です。

上記の膣縮小治療時間は目安です。クリニックによっても異なるので、気になる方はクリニックのカウンセリングで、しっかりと確認しておきましょう。