診察されるのが恥ずかしい…

恥ずかしさが拭えない人は女医のいる美容外科や女性器専門クリニックで膣の手術・施術を受ければ安心!クリニックでの施術の流れも紹介します。

女医のいる美容外科や女性器専門クリニックを選ぼう

クリニックに行くのが恥ずかしい

クリニックで施術を受けるということは女性器を見せなければならないということ。恥ずかしいのは当然です。しかし相手は経験の豊富なドクターです。女性器の悩みを数多く解決してきたわけですから恥ずかしがる必要はありません。

また、自分の性器がおかしいのかどうか、どんな治療を受けることができるのかについては、カウンセリングで相談していく中でハッキリしていくものです。カウンセリングに時間をかけ親身に対応してくれるクリニックなら、最初は緊張していたとしても自分の悩みを隠さず話せるようになります。

最近では事前に無料のメール相談を受け付けるクリニックも増えてきました。担当する医師が自ら返事をくれたり、専任のカウンセラーが答えてくれるので安心です。

それでも男性医師に診てもらうことがどうしても恥ずかしい人は、女医のいるクリニックを探せば問題ありません。最近は女医の婦人科形成医も増えてきました。女性だからこそわかってもらえる悩みもあるので、あえて女医のいるクリニックを選ぶという人も多いようです。婦人科形成を専門にしているクリニックでは、看護師を含めスタッフも全員が女性というところもあります。

カウンセリングから施術までの流れ

それではクリニックの施術までの流れを説明しましょう。

1)カウンセリング予約

各クリニックの公式ウェブサイト上から予約できます。予約の際に相談内容を書き込みます。メール相談などを行っているクリニックもあります。

2)カウンセリング

専任カウンセラーもしくは医師がカウンセリングを担当します。クリニックによっては施術を行う医師がカウンセリングからアフターケアまでを担当します。

3)施術内容や施術の日程が決まったらいよいよ施術です。

15分〜1時間半程度で終了する施術がほとんどです。

4)施術後は内容によって休憩を取り、帰宅します。

ごくまれに、膣縮小手術を行った場合は入院を必要としているクリニックがあります。

5)施術内容によっては、後日診察が必要になります。

施術の後はいっさい診察が必要ない施術がほとんどですが、縮小手術などは後日診断を必要とするクリニックがあります。また抜糸が必要な場合も少数ですがないわけではありません。

カウンセリング当日に施術まで行ってしまう施術もあれば、施術日を決めて後日施術を受ける場合もあります。

またカウンセリングから施術、アフターケアまでを一貫して一人の医師が行う病院もあります。このような体制なら施術後の不安も解消できます。

プライバシーに配慮したクリニックを

いくら技術の高いクリニックでも、待合室で男性と同席することになったり、他の人と目が合うようなクリニックは恥ずかしいという人もいるでしょう。

最近は、プライバシーに配慮する美容クリニックが増えています。完全予約制にしたり、他人とは会わないような室内設計にしているクリニックも少なくありません。完全個室対応であったり、照明まで暗めにしたり、ビルの入口が外からわからないような気づかいまでしているクリニックもあります。

このような細やかな配慮ができているクリニックはスタッフの対応なども徹底しているところが多く、安心して任せることができるクリニックと言えるでしょう。

確実に膣圧をアップできる方法はこちら

膣圧アップ方法をチェック

pagetop