膣トレ完全ガイド HOME » 膣トレ方法その4「クリニックに行く」(確実度★★★★★)

膣トレ方法その4「クリニックに行く」(確実度★★★★★)

クリニックで膣トレや膣縮小を受けるメリットやデメリット、施術の種類と施術ごとの口コミを集めました!

自己流の膣トレ―ニングには限界がある?

膣トレの限界?

  • 自分で行う膣トレ体操
  • グッズを使用したトレーニング
  • 膣トレマシンを使ったトレーニング

これらの膣トレのメリットは、何といってもお金がかからないこと。

膣トレグッズや膣トレマシンを使ったトレーニングは多少のお金がかかりますが、膣トレグッズが数千円程度、「ペルビックトレーニング」は1回8000円程度、自分で膣に入れるタイプの機械を購入したとしても2万円前後です。

自己流のちつトレのデメリットは?

しかし、こういった膣トレには大きなデメリットがあります。

  • 効果があらわれにくい
  • 地道に毎日続ける必要がある
  • 一人暮らしでないとできない方法がある
  • 間違ったトレーニングを行ってしまう可能性がある
  • トレーニングを止めればまた膣がゆるんでしまう

もっとも大きなデメリットは、人によってはいくら努力しても確実な効果が望めないということです。

膣のゆるみの程度は人によってさまざまです。軽度な場合は正しいトレーニングを行えばゆるみが改善される可能性は多いにあります。

しかし膣の中が痩せてきていたり、もともと奥が広かったり、膣がゆるんでしまうさまざまな条件が重なっている人は、トレーニングだけでは改善されないことも多く、大きな実感が得られないこともあります。

セルフケアを行ってみてもいまいち改善されず、尿漏れやお湯漏れが気になる方は一度クリニックに相談することをおすすめします。

究極の膣トレはクリニックに行くこと

クリニックには、確実に膣を狭める治療法が用意されています。多くが保険適用外となるのでお金はかかりますが、お金をかけた分、確実な効果が得られるのも確かです。

確実な効果を得ることでコンプレックスが解消されれば、お金を払う価値は十分にあると言えるでしょう。特に更年期前後の女性ホルモンの減少によって、膣内のコラーゲンが減っている場合はコラーゲン生成を促す治療が効果的です。

このカテゴリではクリニックで受けることのできる治療法を紹介しています。またクリニックに行くことのメリット・デメリットも合わせて紹介します。

膣縮小おすすめクリニック比較ランキングBEST5

pagetop