切開手術

膣縮小手術やLVRなど、婦人科整形で受けられる膣を引き締める手術の特徴をまとめています。効果、ダウンタイム、費用、おすすめクリニックなども。

婦人科整形で行われる膣縮小手術とは

膣縮小手術は、美容外科や女性器専門のクリニックで行っている、広がってしまった膣を半永久的に引き締める切開手術です。

手術は、一人ひとりの膣の状態と、どこまで引き締めたいかなどの希望に沿って行われます。

粘膜や筋肉を取り除いて縫合したり、会陰部や会陰小帯を切除する場合もあります。手術を行う範囲も、入り口付近のみだったり、膣壁ごと縮小したりとさまざまなので、経験豊富な専門医を選ぶことが大切になってきます。

手術時間は、約1~3時間程度。手術は局所麻酔か、静脈麻酔か選べる場合が多く、ほとんどが日帰り手術で抜糸の必要はありません。

手術後は、1週間程度、生理のような出血が続いたり、排便時に痛みを感じることもあります。

レーザーを用いた膣縮小手術(LVR)も

一般的な切開手術の他は、「LaserProダイオード」という女性器専用レーザーを使った手術法もあります。

子宮口手間までレーザーで剥離して縫い上げていくことで、膣全体を引き締めたり、若返らせることができます。

切開と比べると、出血量が少なく、他の組織にダメージを与える可能性が少ないのがメリット。

ただし、レーザーによる膣の引き締め手術を行える医師は、日本に数名ほどしかいません。

正式なライセンスを取得しているクリニックを選びましょう。

費用の目安

  • 膣縮小手術:40万円程度
  • レーザーによる膣縮小手術(LVR):70万円ほど

ダウンタイム

  • 性交渉やタンポンの使用禁止:手術後約1~1ヶ月半

術後、1週間程度は生理の時のような出血があったり、排便時に痛みを伴うこともあります。
手術後1ヶ月は、激しい運動や自転車も避けるのが良さそうです。シャワーは手術の程度によって当日から、LVRでは3日目から可能です。

効果の持続度

術後1~2ヶ月で傷跡はキレイに治ります。筋肉から修復する手術であれば、効果は半永久的です。

手術を受けられない人

妊娠または妊娠の可能性がある人は、受けることができません。(閉経後は可能)

膣縮小手術の名医がいるおすすめクリニック

切開による膣縮小手術が評判のクリニックをまとめてました。

吉沢クリニック

  • 銀座本院:東京メトロ「銀座一丁目駅」徒歩1分(その他、大阪、神戸、福岡などにも分院を展開)
  • 手術の方法:吉沢式膣縮小術(パターンⅠ~Ⅳから選択)
  • 費用:30~95万円

もともとは子宮がんを専門的に手がけていた名医・吉沢院長が、自ら開発した独自の膣縮小治療が受けられます。
手術には4つの方法があり、入り口付近のみ、筋肉の縫合、膣全体の引き締めなど、希望に合わせて選ぶことが可能。30年以上の実績を持つ院長自らが手術やアフターケアも一貫して行ってくれます。

みどり美容クリニック

  • アクセス:東京メトロ「広尾駅」より徒歩1分
  • 手術の方法:膣縮小手術、LVR
  • 費用:40~70万円

女性器形成専門クリニックで、症例数は3,000以上を誇ります。
手術はみどり院長自らが担当してくれ、日本で数名しか行えないレーザーによる膣縮小手術(LVR)もこちらで受けられます。
スタッフも女性のみ&完全個室で、プライバシーも徹底しているので安心ですね。

銀座みゆき通り美容外科

  • 東京院:各線「銀座駅」徒歩2分 大阪院:JR「大阪駅」より徒歩3分
  • 手術の方法:膣縮小術
  • 費用:40万円~

膣縮小治療は、切開手術のみですが、膣壁にヒダを形成するなど高い技術が評判を集めています。
治療はアフターケア保証付きで、修正が必要な場合も費用を負担してもらえるから安心。膣縮小手術は、症例実績850件以上の北村院長自らが行ってくれます。

確実に膣圧をアップできる方法はこちら

膣圧アップ方法をチェック

pagetop