愛され膣美人に必ずなれる 膣トレ・膣引き締め完全マニュアル » クリニックでできる膣縮小治療の種類 » レーザー治療・東京のおすすめクリニック

レーザー治療(膣縮小)・東京のおすすめクリニック

膣の縮小治療のために美容外科でよく使用されているレーザー機器を3つピックアップしてみました。治療前に各レーザーの特徴を知っておきましょう。

レーザー機器ごとの効果の違いを知ろう

膣のレーザー治療はメスを使わずに行なう治療。膣内の引き締めやアンチエイジング、尿漏れ改善などに効果があるとされています。

膣縮小施術で使われるレーザーには、機器ごとの特徴があるため、目的に合った機器を選ぶことが大切です。

インティマレーザー

インティマレーザーは膣の引き締め効果が高いと言われているレーザー機器です。膣内のコラーゲン生成を活性化することで、膣内をふっくらさせることで引き締め効果が得られます。膣内を傷つけることなく施術が可能で副作用の心配がほとんどないのが特徴。

最新式のレーザーなので、従来のものよりやけどや出血のリスクが低下しています。そのため、ダウンタイムが3日間と短いのもポイント。忙しい現代女性の強い味方と言えますね。

施術後、1日で効果を実感できたという声もあり、即効性を期待する女性に人気のレーザー治療です。

治療費の目安は20万から30万円ほど。やや高額ではありますが、インティマレーザーは膣の手前だけではなく、奥の子宮口付近まで当てることができるため、膣全体の引き締めアップができます。産後に膣が緩んで元に戻らないと困っている人にはぴったりの治療法といえます。また、膣のゆるみに伴って尿漏れに悩む人も、インティマレーザーを照射することによって尿漏れの症状を改善する効果が期待できます。

また、インティマレーザーは色素沈着部分の黒ずみをきれいにする効果があることから、大陰唇や小陰唇の黒ずみが気になる人にはぜひ体験してもらいたい治療です。

個人の状態によりますが、1回でしっかりと効果を感じられるので、確かでスピーディーな効果を実感したい方におすすめのレーザーです。

東京でインティマレーザーを受けられるクリニックも紹介しています。

インティマレーザーについてもっと詳しくチェック

モナリザタッチ

膣内の若返りを目的にした、炭酸ガスを使ったレーザー機器。レーザーを照射して膣内の粘膜を活性化させることで、厚みやひだのある膣へ改善することを目指します。

加齢に伴う膣の乾燥やにおい・かゆみ・性交痛といったデリケートな問題を抱える人に是非おすすめしたい治療器です。

インティマレーザーに比べると照射力は弱めですが、回数を重ねていくと徐々に治療効果を実感できます。

時間をかけて治療したい場合はモナリザタッチがいいかもしれませんね。

治療費の目安は10万円ほどと言われており、ピックアップしたなかでは一番安価で受けられる治療です。時間に余裕がある方に適しています。

東京でモナリザタッチを受けられるクリニックも紹介しています。

モナリザタッチについてもっと詳しくチェック

アフロディーテ

モナリザタッチと同様の炭酸ガスレーザー。

レーザーを照射するとコラーゲンの生成が促されハリが出て、結果的に膣内を引き締めてくれます。レーザー照射で膣が潤うことによって、膣の乾燥やにおいの改善にもつながるでしょう。膣引き締めに伴う尿漏れの改善や、レーザー照射による色素沈着(黒ずみ)を改善する効果も期待できます。

アフロディーテには複数のハンドピースがあり、膣ゆるみ・黒ずみ・尿漏れといった症状に応じて使い分けることで、ピンポイントの治療が可能です。

モナリザタッチ同様に照射力はそこまで高くないので、治療には数か月以上の時間がかかる場合も。治療費の目安は20万円ほどと言われています。

東京でアフロディーテを受けられるクリニックも紹介しています。

アフロディーテについてもっと詳しくチェック