愛され膣美人に必ずなれる 膣トレ・膣引き締め完全マニュアル » クリニックでできる膣縮小治療の種類 » 注入法(注射) » ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入

膣縮小施術の代表・ヒアルロン酸注入。持続時間はそれほど長くないものの、その即効性と気軽に受けられる手軽さから人気がある施術です。東京でヒアルロン酸注入ができるクリニックを紹介します。

早速クリニックが知りたいあなたはこちら

実際にヒアルロン酸注射をした人の口コミ

術後、すぐに普段の生活に戻れた
麻酔をしてヒアルロン酸注射をしたので、痛みはまったく感じませんでした。痛み止めの薬をもらい、自宅に帰って気になったら飲む程度で翌日以降も問題なく過ごせたのが良かったですね。驚いたのは、術後に入れてくれたタンポンを抜くと出血があったこと。それでも手術して24時間後にはお風呂に入れたので困りませんでした。

お腹に内出血ができた
2人目の子どもを産んでから、かなり膣がゆるくなっていると感じていました。手術をして直したいほど悩み、クリニックをいろいろ見ていたのですが金額がネックで…。偶然モニターを見つけ、手術ではなくヒアルロン酸注射を提案されて受けることに。お腹の内出血に驚きましたが、1週間程度で落ち着きました。

出血が術後あってびっくり
痛みはなかったのですが、出血が1週間程度続きました。とくに2~3日は量が多くて心配しましたが、落ち着くとヒアルロン酸の効果を実感!彼が喜ぶくらい締まりが良くなったんです。ずっと効果が続くわけではないので、定期的に通うつもりです。

痛みは感じなかった
膣に注入するので「痛みがありそう…」と思っていたんですが、痛みだけではなく腫れや内出血もほとんどありませんでした。担当医師の分かりやすい説明や施術に満足しています。これで感度が良くなるんですね♪

膣ヒアルロン酸注入を受けられるクリニック

膣へのヒアルロン酸注射の効果とは?

膣へのヒアルロン酸注射は、美容医療で使用される高品質のヒアルロン酸を、膣壁内に注入する施術です。

注入部位にとどまったヒアルロン酸がその部分を押し上げ、広がった膣内を狭めてくれます。

ヒアルロン酸はもともと体内に存在している物質なので、アレルギー反応が起こる可能性は非常に低い安全なもの。柔軟性に優れており、自然な柔らかさや弾力を実現します。

ヒアルロン酸注射のメリット

潤いアップ

膣内を狭めるための注入が一般的ですが、加齢により膣が委縮してしまった場合にもヒアルロン酸注入は有効です。

膣壁に薄く、まんべんなく注入することで、乾燥している膣壁に潤いを与えることができます。

また、ヒアルロン酸の成分が徐々に吸収されていく過程で成分が膣壁に吸収されることにより、委縮してしまった膣壁を本来の柔らかさに戻すことが可能です。

感度が上がる

ヒアルロン酸の注入箇所と注入量を調節することで、セックスの際の感度を上げることができます。

Gスポットに隆起を作ることで感度を高めるほか、膣壁にヒダのような隆起を作ることで男女とも満足感を高めることができるのです。

ヒアルロン酸注射のデメリット

持続効果に限りがある

顔の唇・鼻・しわなどにヒアルロン酸を注入する場合と同じように、膣へ注入する場合も持続効果に限りがあります。

もちろん部位によって持続期間は異なりますが、1回目はヒアルロン酸が体内になじんで効果を実感しなくなるまでの「半年~1年程度」が目安期間。ですが完全に体内に吸収されるまでに5年以上はかかるので、2回目以降もまだ体内にヒアルロン酸が残っている状態です。そのため、定期的に注入すると1回目よりも持続期間が長くなります。

膣ヒアルロン酸注入を受けられるクリニック

膣へのヒアルロン酸注射の特徴

ヒアルロン酸を膣の入り口周辺から奥の膣壁にかけて注入することで、ゆるんだ膣壁をふっくらさせて本来の膣の状態へ戻してくれます。注射で注入するため、手術よりも体への負担が少なく、傷跡も残りにくいのが特徴。初日からシャワーを利用でき、3日以降には入浴もできます。性行為も3日後には行えるので、「出産後に膣のゆるみが気になるようになった」「切らない施術がいい」「彼を満足させたい」方には、おすすめの施術法です。

ダウンタイムはあるの?

ヒアルロン酸は、もともと身体に存在する成分なので、注入しても拒絶反応が起こるリスクはほとんどありません。時間をかけて体内に吸収されるため、ボコッとした異物感が残るリスクは少ないと言えるでしょう。切る手術と違い注射での注入なので、腫れや痛みも最小限で治療できます。針の跡の赤みはありますが数日経てば治まりますし、傷跡は残らないので安心して試せますね。

ヒアルロン酸注射の流れは?

膣へヒアルロン酸注射をする流れを紹介します。ヒアルロン酸注射はその日に施術することが可能です。

  1. カウンセリング

    医師のカウンセリングがあり、気になる症状や膣の状態を診察して治療内容を決めます。

  2. 注入部位決定

    クリニックによっては、施術経過をチェックできるよう写真撮影。また膣のどの部分に注入するか決定します。

  3. 消毒&麻酔

    部位を消毒し、局所麻酔を行います。

  4. ヒアルロン酸を注入

    クリニックによって異なりますが、15分~1時間で施術は終わります。

注入に使用されるヒアルロン酸の種類

通常のヒアルロン酸

美容整形の現場で使用されている、シワ・たるみ治療やバストアップに使用されているヒアルロン酸を使用します。その中でも様々な種類があり、膣縮小には粒子の大きなヒアルロン酸が使われることが多いようです。

ハイドロフィラー

膣専用に作られたヒアルロン酸です。「デキストランビーズ(生体適応華僑ブドウ糖分子)」という特殊成分を含んでおり、注入するとその部位のコラーゲンの生成を促してくれます。ヒアルロン酸が吸収された後も生成されたコラーゲンは残るので、通常のヒアルロン酸よりも長期の効果が望めます。

痛みはどれくらい?

基本的に局所麻酔をして膣へヒアルロン酸を注入するので、ほとんど痛みはありません。どちらかというと、麻酔をする際にチクッとするような痛みを感じる場合があります。「注射の痛みが苦手」「不安でいっぱい」という方は、クリニックによって一時的に眠った状態になる笑気麻酔や静脈麻酔などの無痛麻酔を行っていますので、医師に相談するのがベストです。

膣へのヒアルロン酸注射の失敗・リスク

術後の腫れはほとんどありません。注射針を刺すため注入後に内出血が出るケースはありますが、数日または10日程度で消えます。心配な方は、カウンセリングできちんと説明があるクリニックを選ぶのがポイントです。妊娠の可能性がある方も利用はNGです。

ヒアルロン酸注射は効果がないという声も…

膣のゆるみの度合いによっては、ヒアルロン酸では効果が出ないケースがあります。膣壁をヒアルロン酸で押し上げて狭める方法なので、ゆるみが大きいと十分に狭くならないことも。たるんでしまった粘膜や筋肉を引き締める必要がある場合は、縮小手術で余分なゆるみを切り取って根本から改善したほうがよいでしょう。

膣ヒアルロン酸注入を受けられるクリニック

ヒアルロン酸注入 まとめ

費用 15万円程度
施術時間 10~20分

他の施術と比べて、群を抜いて施術時間が短いです。施術後の休憩なども必要ないので、即帰宅することができます。

麻酔の種類 局所麻酔・吸入麻酔・静脈麻酔

クリニックによっては本人の希望により変更が可能です。希望の麻酔がある場合は、医師に相談してみましょう。

出血の有無 あることもある
シャワー・入浴が可能 当日~
性交渉
が可能
3日後~

膣の引き締めヒアルロン酸注射が受けられるクリニック一覧

みどり美容クリニック・広尾

女性院長がカウンセリングから術後まで対応。膣を引き締めたい人、感度をアップさせたい人にオススメの施術です。

みどり美容クリニック・広尾のヒアルロン酸注射の特徴

麻酔 表面麻酔・局所麻酔
施術時間 10分
傷跡 記載なし
入院 記載なし
術後通院 記載なし
性行為 7日後から可能
特徴
みどり美容クリニック・広尾では、「オリジナルハイドロフィラー」と「プレミアムボリュームフィラー」の2種類の注射を用意しています。
オリジナルハイドロフィラーは、膣内専用のヒアルロン酸注射です。約1~2年の持続期間があり、特殊成分が自身のコラーゲンやエラスチンの生成を促してくれます。
プレミアムボリュームフィラーは、オリジナルハイドロフィラーよりも弾力があるのが特徴。そのため、膣内に強い力が加わっても周囲に流れずに、形を保ちやすい性質を持っています。注入してから2年経過しても約70%保たれているので、効果を長持ちさせたい人におすすめのフィラーです。
オリジナルハイドロフィラーやプレミアムフィラーは、マシンと組み合わせるとさらに即効性が高まります。

みどり美容クリニック・広尾のヒアルロン酸注射の費用

  • オリジナルハイドロフィラー
  • 250,000円~(標準5本、注入量により)     
  • プレミアムボリュームフィラー
  • 375,000円~(標準5本、注入量より)
※すべて税別

みどり美容クリニック・広尾の基本情報

  • 住所
  • 東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3F
  • アクセス
  • 東京メトロ日比谷線「広尾」駅 2番出口より徒歩1分
  • 診療時間
  • 10:00~19:00(年中無休・完全予約)
  • Google Map

みどり美容クリニックで相談する

東京イセアクリニック

「患者に愛されるクリニックを目指す」をコンセプトに、最適な治療とサービスを提供。未産婦の方にも対応できるように、様々な治療法があります。

東京イセアクリニックのヒアルロン酸注射の特徴

麻酔 局所麻酔を使用
※痛みの感じ方には個人差がありますが、術中に痛みを感じることはほぼありません。
施術時間 10~20分
傷跡 粘膜部位に注入するため、傷は残りません。
入院 不要
術後通院 不要
性行為 施術当日から可能
特徴
ヒアルロン酸注入は、これから出産する予定がある方も安心して受けられる治療法となっています。
ヒアルロン酸を膣に注入する場合、維持していくには定期的に施術する必要がありますが、元に戻ることがない他の治療法よりも、出産する際のリスクが少ないのが特徴です。膣の粘膜下や筋肉層に注入していくことで、膣内部を狭くしていきます。
東京イセアクリニックでは、局所麻酔を使用して施術を行っていくため、痛みを感じることはほぼありません。パートナーに指摘された方や手軽な方法で膣のゆるみを改善したい方に向いている手術です。

東京イセアクリニックのヒアルロン酸注射の費用

  • ヒアルロン酸注入(膣縮小)
  • 230,000円(税別)

東京イセアクリニックの基本情報

  • 住所
  • ・セルリアンタワーイセアクリニック
    東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階

    ・銀座院 東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス3F
  • アクセス
  • ・セルリアンタワーイセアクリニック
    渋谷駅南改札より徒歩5分

    ・銀座院
    銀座駅「C2出口」より徒歩2分
  • 診療時間
  • ・セルリアンタワーイセアクリニック・銀座院
    11:00~20:00
  • Google Map
  • ・セルリアンタワーイセアクリニック
・銀座院

東京イセアクリニックで相談する

青山セレスクリニック

2017年の来院実績が42920人を誇る青山セレスクリニック。性交の感覚が鈍いと感じたり、快感を求めて膣縮小の治療をする人が多いそうです。

青山セレスクリニックの特徴

麻酔 ガス麻酔
施術時間 10分
傷跡 記載なし
入院 記載なし
術後通院 記載なし
性行為 施術当日から可能
特徴
膣の粘膜下にヒアルロン酸を注入することで、膣の入り口や内壁を狭くしていきます。治療時間は約10分で済みますので、パートナーから指摘されて悩んでいる方や、入浴時にお湯が膣に入ってしまう方もすぐに解消できるでしょう。
青山セレスクリニックでは、プチ膣縮小注射を行なっております。針を刺すときは痛みを伴いますが、ガス麻酔を併用することによって、無痛で行なうことも可能。プチ膣縮小注射では、日常生活に制限はないため、施術当日から入浴や飲酒、性交することが可能。効果の持続期間は約1~2年となっています。

青山セレスクリニックのヒアルロン酸注射の費用