ヒアルロン酸注入

膣縮小施術の代表・ヒアルロン酸注入。持続時間はそれほど長くないものの、その即効性と気軽に受けられる手軽さから人気がある施術です。

膣へのヒアルロン酸注射とはどんなもの?

膣へのヒアルロン酸注射は、美容医療で使用される高品質のヒアルロン酸を、膣壁内に注入する施術です。

注入部位にとどまったヒアルロン酸がその部分を押し上げ、広がった膣内を狭めてくれます。

ヒアルロン酸はもともと体内に存在している物質なので、アレルギー反応が起こる可能性は非常に低い安全なもの。柔軟性に優れており、自然な柔らかさや弾力を実現します。

潤いアップ

膣内を狭めるための注入が一般的ですが、加齢により膣が委縮してしまった場合にもヒアルロン酸注入は有効です。

膣壁に薄く、まんべんなく注入することで、乾燥している膣壁に潤いを与えることができます。

また、ヒアルロン酸の成分が徐々に吸収されていく過程で成分が膣壁に吸収されることにより、委縮してしまった膣壁を本来の柔らかさに戻すことが可能です。

感度が上がる

ヒアルロン酸の注入箇所と注入量を調節することで、セックスの際の感度を上げることができます。

Gスポットに隆起を作ることで感度を高めるほか、膣壁にヒダのような隆起を作ることで男女とも満足感を高めることができるのです。

注入に使用されるヒアルロン酸の種類

通常のヒアルロン酸

美容整形の現場で使用されている、シワ・たるみ治療やバストアップに使用されているヒアルロン酸を使用します。その中でも様々な種類があり、膣縮小には粒子の大きなヒアルロン酸が使われることが多いようです。

ハイドロフィラー

膣専用に作られたヒアルロン酸です。「デキストランビーズ(生体適応華僑ブドウ糖分子)」という特殊成分を含んでおり、注入するとその部位のコラーゲンの生成を促してくれます。ヒアルロン酸が吸収された後も生成されたコラーゲンは残るので、通常のヒアルロン酸よりも長期の効果が望めます。

ヒアルロン酸注入の流れ

施術時間

  • 10~20分

他の施術と比べて、群を抜いて施術時間が短いです。施術後の休憩なども必要ないので、即帰宅することができます。

麻酔の種類

  • 局部麻酔

出血の有無

  • なし

極細の針を使用して注入するため、出血はほとんどありません

シャワー・入浴が可能になるおおよその日数

  • シャワー・入浴ともに当日かOK

性交渉が可能になるおおよその日数

  • 1週間後から可能
膣縮小おすすめクリニック比較ランキングBEST5

pagetop