愛され膣美人に必ずなれる 膣トレ・膣引き締め完全マニュアル » クリニックでできる膣縮小治療の種類 » 高周波治療

高周波治療

痛みの少ない膣縮小治療をお探しの方には、高周波治療がおすすめです。

同じ高周波治療でも、用いられる機器によって治療の特徴や膣縮小の効果は異なります。あなたの悩みを解決できる高周波機器を見つけられるように各治療の特徴をまとめているので、ご参考ください。

最適な高周波マシンはどれ?各膣縮小治療の特徴をCHECK

サーミVA(サーミバー)

サーミVAとは、高周波の照射熱でデリケートゾーンの血行を促進し、膣縮小をはかる治療機器です。

サーミVAの特徴は大きく分けて2つ。1つは「ほとんど痛みがないこと」、もう1つは「膣縮小以外の効果も得られること」です。

高周波を照射する際に使用するのは、直径1cmほどのスティック状のチップ。膣の奥を縮小する場合にはこのチップを膣に挿入します。チップは細いので痛みはほとんど生じません。

大陰唇や小陰唇を縮小する場合の照射方法は、チップで膣周辺を撫でるだけ。サーミVAの高周波「サーミRF」はコラーゲンの産生を促し、ハリと潤いを蘇らせます。またそれだけでなく、血行で促進作用により皮膚・体内組織を活性化させ、照射後の大陰唇や小陰唇がキュッと引き締まります。

また、膣縮小以外に、デリケートゾーンのかゆみや臭いの原因「膣内環境」を改善してくれる効果も。

サーミVAが気になった人は、次のページに詳しい効果と施術方法、治療を受けた人の口コミ評判をまとめているので、チェックしてみてください。

サーミVAについて詳しく見る

ビビーブ

サーミVAと同じように、表面の粘膜の下にあるコラーゲン組織に高周波による熱エネルギーを与えて治療を行います。

ビビーブには冷却装置が付いており、高周波の照射と同時に患部を冷やすことができるため、熱さ・痛みなどを感じにくくなっています。稀に熱を感じる方はいるようですが、痛みを伴ったり我慢できないような熱さではないようです。

1回の治療で効果が現れ、持続期間は1年ほど。何度も施術を受ける必要がないので、忙しい方や即効性がほしい方に適した施術方法です。

ビビーブについて詳しく見る