加齢・ホルモンバランスの乱れ

女性のあそこがゆるい原因には、加齢やホルモンバランスの乱れも関係しています。膣の筋肉がたるむ理由や、ハリを取り戻す方法を解説。

あそこがゆるい原因とは?加齢で膣の筋肉も減少

歳を取ると体やお肌が衰えるように、膣の筋肉も年齢を重ねることでハリや潤いが失われていきます。

膣内部の筋力そのものが衰えたり、全身の筋肉量が減って子宮が下がることでも膣がゆるみやすくなります。

とくに30歳頃からは、体の衰えが急に出てくる時期なので、「膣がゆるくなった」と感じる女性も多いよう。

また、加齢などによるホルモンバランスの乱れも、膣のゆるみに大きく関係しています。ホルモンバランスが乱れることで、膣壁のコラーゲン量が減り、結果として膣内部がたるんだり、乾燥しやすくなります。

更年期の後に、性交痛がひどくなったり、尿もれが起こりやすいのも、ホルモンの減少が原因と言えます。

「まだ若いから大丈夫!」と思っていても、ホルモンバランスは、生活習慣やストレスによってもすぐに乱れてしまうもの。ちょっと力を入れただけで尿が漏れた経験がある人などは、膣がゆるんでいる証拠かもしれません。

膣のハリを取り戻すには美容クリニックでの治療がおすすめ

これらを改善するためには、加齢によって失われた膣内のハリを取り戻すことが必要です。

最も効果的なのは、美容クリニックでの高周波治療・もしくはレーザー治療です。膣内に直接、高周波やレーザーを照射することで、ピンポイントで膣壁のコラーゲン生成を促進させることができます。

治療後は約1~3ヶ月かけてじっくりコラーゲンが再構築されていくので、膣の引き締めや潤いアップにも効果が期待できますよ。

その他に、自宅では女性ホルモンのバランスを正常に保つ生活を心がけることも大切です。食事は栄養バランスに気を付けて、ストレスを溜めないようにしたり、適度な運動も行うと効果的です。

確実に膣圧をアップできる方法はこちら

膣圧アップ方法をチェック

pagetop