運動不足

あそこがゆるいのは運動不足のせいというのもよく聞く節。筋肉量の低下で膣がゆるむ理由や、膣を引き締めるための生活習慣法についてお伝えしています。

あそこがゆるいのは、膣の筋肉の衰えも原因

出産をした後は膣がゆるくなりやすいと言われていますが、出産経験のない10代、20代の若い女性でも膣がゆるくて悩んでいる人はたくさんいます。

その理由が、日頃の運動不足による筋力の低下と言われています。

昔の女性は、畑仕事や家事で一日中働きまわっていて、体を動かすことが日常茶飯事。そのため、筋肉も程よく発達していて、生理中は自分で膣圧を高めて経血コントロールをしていたとも言われています。

それに比べて、現代の生活では、一日中パソコンの前に座っていたり、テレビを見ながらゴロゴロしたり、移動も電車や車がほとんど。

思い切り体を動かす習慣などはほとんどなく、骨盤底筋が衰えている女性が非常に多いそうです。

また、腹筋もない人が多く、その場合、立ち仕事をしているだけでも膣がゆるんだ状態になってしまいます。これらの筋力の衰えのせいで、膣内がたるみ、膣圧の低下につながってしまうのです。

日頃から体を動かす習慣を身につけよう!

運動不足を放っておくと、体型にもすぐにあらわれてしまいますね。実は、肥満も膣のゆるみの原因のひとつです。

お腹まわりに多く脂肪が付くと、腹筋が内蔵を支えきれずにその負担がすべて骨盤底筋群にかかることで、結果、膣がゆるんでしまいます。

これらを改善するためには、日頃から体を動かす習慣を付けることが大切です。

ピラティスなどを定期的に行えれば一番良いですが、続けるのが難しい場合は、自転車通勤に変えたり、一駅分歩いたり、駅では階段を使うなどでもOK。

歩いたり階段を昇る際は、お尻の穴をきゅっと引き締めて、骨盤から足を動かすようにすると効果的です。

まずはできる事からはじめて、引き締まった膣をキープしましょう。 

確実に膣圧をアップできる方法はこちら

膣圧アップ方法をチェック

pagetop