病気(子宮脱)の可能性

膣圧の低下が原因と言われる子宮脱についても調べてみました。主な症状、治療方法を紹介。

膣圧の低下が原因で起こる子宮脱とは

膣のゆるみは自分では気付きにくく、放っておいてもとくに支障がない方も多いと思います。

ですが、膣のゆるみは放置しておくことで、病気につながってしまうこともあります。

その病気が、「子宮脱」と呼ばれる病気。 本来、子宮や膣は骨盤底筋群という筋肉に支えられていて、この筋肉が非常に大切な働きをしています。ところが、骨盤底筋群の働きが弱まると、膣にゆるみが生じて、さらに悪化することで子宮が下がり、子宮脱を引き起こします。

子宮脱になると、膣の壁がめくれたように外へ飛び出したり、膣内が膨れる、排尿障害・便障害・性交痛が発生することもあります。

とくに40代以上の中高齢者に起こりやすく、出産回数が多かったり、高齢出産の経験がある人が子宮脱になりやすいと言われています。他にも便秘のためいきむ時間が長い人や、喘息や気管支炎などで慢性的に咳が出る人、太り気味の人や重いものを持つことが多い人も腹圧がかかりすぎるため、子宮脱のリスクが高まります。

子宮脱

子宮脱は骨盤内臓器脱という疾患のひとつ。子宮を支える骨盤内の筋肉やじん帯がゆるむことで、子宮の一部が膣内まで下がってくる病気で、産後に起こる可能性が高いのが特徴です。

女性の骨盤の中には子宮・直腸・膀胱などの様々な臓器が収まっていて、骨盤はこれらの臓器が落ちてこないよう、ハンモック状のじん帯で支えています。

骨盤内部のじん帯がゆるんでしまうのは、臓器の重みに耐え切れなくなった時。膣からは出ていないものの子宮が下がった状態を子宮下垂、膣から外に出てしまった場合が子宮脱にあたります。

子宮脱は子宮の位置が下にずれることで様々な症状を引き起こします。主な症状は排尿・排便の異常。排尿困難や夜間の頻尿、尿意の切迫感といった尿路障害や直腸の圧迫による排便の便意が1日に何度も生じることがあります。

子宮脱で治療を受けている患者が年間5~10万人であるのに対し、受診していない潜在患者は500万人もいるそうです。「もしかして、膣がゆるんでいるかも?」と自覚するような症状や違和感がある人は注意が必要です。

相談しづらく一人で悩む人が多いことから子宮脱を含む「骨盤臓器脱」の無料電話相談が2017年9月11日より実施されています。元患者で立ち上げた「ひまわり会」と医療機関の協力で始まった取り組みです。「ひまわり会」公式ページ(http://urogyne-himawari.jp/)

膣に違和感を感じたら早めに受診することが大切

子宮脱は、残念ながら放っておいて治るものではありません。病院に行けば目視だけで確認できるので、早めに専門医に見てもらうのがおすすめです。

治療法は症状によっても異なりますが、症状が軽度なら骨盤底筋を鍛えることで、症状を改善することもできます。

しかし、子宮が膣の外に飛び出していたりすると、ペッサリーという器具の膣内装着による治療が行われたり、より病状が重篤な場合は子宮摘出などの手術が必要になる場合も…。

万が一、子宮摘出という事態にならないためにも、膣にゆるみや違和感を感じたら、なるべく早めに改善しておくのが良いかもしれませんね。

効果が確実!膣縮小手術で人気のクリニック特集

膣縮小おすすめクリニック比較ランキングBEST5

pagetop