病気の可能性

膣圧の低下が原因と言われる子宮脱についても調べてみました。主な症状、治療方法を紹介。

膣圧の低下が原因で起こる子宮脱とは

膣のゆるみは自分では気付きにくく、放っておいてもとくに支障がない方も多いと思います。

ですが、膣のゆるみは放置しておくことで、病気につながってしまうこともあります。

その病気が、「子宮脱」や「膣脱」と呼ばれる病気。本来、子宮や膣は骨盤底筋群という筋肉に支えられていて、この筋肉が非常に大切な働きをしています。

ところが、骨盤底筋群の働きが弱まると、膣にゆるみが生じて、さらに悪化することで子宮が下がり、子宮脱を引き起こします。

子宮脱になると、膣の壁がめくれたように外へ飛び出したり、膣内が膨れる、排尿障害・便障害・性交痛が発生することもあります。

とくに40代以上の中高齢者に起こりやすく、出産回数が多かったり、高齢出産の経験がある人、肥満の人なども子宮脱になりやすいと言われています。

膣に違和感を感じたら早めに受診することが大切

子宮脱は、病院に行けば目視だけで確認できるので、早めに専門医に見てもらうのがおすすめです。

治療法は症状によっても異なりますが、症状が軽度なら骨盤底筋を鍛えるだけで、症状を改善することもできます。

しかし、子宮が膣の外に飛び出していたりすると、ペッサリーの膣内装着による治療が行われたり、より病状が重篤な場合は子宮摘出などの手術が必要になる場合も…。

万が一、子宮摘出という事態にならないためにも、膣にゆるみや違和感を感じたら、なるべく早めに改善しておくのが良いかもしれませんね。

確実に膣圧をアップできる方法はこちら

膣圧アップ方法をチェック

pagetop