出産

膣がゆるむ一番の原因が、出産と言われています。産後にあそこがゆるくなる理由や、膣圧を取り戻すための対策方法をまとめました。

出産後にあそこがゆるくなる?膣がゆるむ原因とは

膣がゆるむ一番の原因が、出産と言われています。出産をすることで膣内の筋肉が大きく引き伸ばされ、出産直後は膣口がひらいたままの方も多くいます。

出産後は80%近くの女性が「膣の内部の締め付けが弱くなった」と感じているようです。

ですが、これらの現象も、通常は半年か長くても1年ほどで自然に筋肉が収縮して出産前の状態に戻ります。

ただ、もともとの筋力が衰えていたり、高齢出産の場合などは、出産で伸びた筋肉がきちんと収縮せず、膣にゆるみが生じることがあります。

そのせいで性交時の感度が悪くなったり、旦那さんに「前よりゆるくなった」と言われたことがトラウマでセックスレスに発展しまう方などもいるそう。

また、膣圧の低下は放っておくと「子宮脱」「膣脱」という病気を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

産後は膣圧を高めるケアをしよう

妊娠線のケアと同じように、膣圧も正しくケアすることで元通りに戻すことができます。自分でできるものだと、ケーゲル体操、ピラティス、インナーボールなどが代表的。

これらのエクササイズで、骨盤底筋を鍛えることによって膣内のゆるみも改善することができます。

また、美容クリニックでは、即座に膣内を引き締めることも可能です。手術をしなくても、最近は高周波やレーザーなどの安全性の高い治療法があって、膣内の引き締めはもちろん、ハリや潤いも同時に取り戻すことができますよ。

とくに1年以上経っても、膣圧が戻らない場合は、女性器形成専門のクリニックで専門医に相談してみるのがおすすめです。

確実に膣圧をアップできる方法はこちら

膣圧アップ方法をチェック

pagetop