愛され膣美人に必ずなれる 膣トレ・膣引き締め完全マニュアル » 基本の膣トレ体操&最新膣トレ情報まとめ » 膣トレ注目情報2「膣ゆるみ改善ヨガ」

膣トレ注目情報2「膣ゆるみ改善ヨガ」

膣トレに効果的なヨガポーズを3つピックアップしてみました!簡単だから、毎日でも続けられるかも?気になるヨガポーズからぜひチャレンジしてみてくださいね。

膣の引き締めに効果的な膣トレヨガポーズ3選

腰を上げる橋の膣トレヨガポーズ

【膣トレヨガポーズの手順】

  1. 仰向けになります。
  2. 両手の手のひらを床に向けます。
  3. 足を骨盤幅に開き、膝を曲げて足の裏側を床に着けます。
  4. 息を吸い込み、息を吐きながら腰をこぶし1~2つ分持ち上げて、その状態を30秒ほどキープします。
    ※腰を持ち上げる時は、骨盤底筋が締まるように意識をしましょう。
  5. 息を吐きながら腰を元の位置にもどします。
  6. 4~5を何度か繰り返します。

膣トレヨガポーズを実践した方の口コミ・体験談

「ダイエット目的でヨガ教室に通い始めたのですが、教室のメンバー同士でも「ヨガを始めてからエッチが気持ちよくなった」って話が出るくらい変わってきたんです。

どのポーズが効果的なのか話題になるのですが、橋のポーズが締まりを強くしてくれるというのがメンバー内での共通見解ですね。

実際にポーズをしてみると、ぐっと力が入るのが実感できますよ。それと夫も感じているようで、「おまえ、ヨガに通い始めてから良くなったな」って言ってくれました(笑)」

ロールダウン&ロールアップの膣トレヨガポーズ

【膣トレヨガポーズの手順】

  1. 体育座りのような姿勢で膝を立てて座り、足幅をこぶし2つ分あけます。
  2. 息を吐きながら、背骨の下から背骨を一つひとつ床に着けていくイメージでゆっくりと曲げていきます。これがロールダウンです。
  3. 息を吸いながら、首から順に2と逆のイメージでゆっくり体を起こしていきます。これがロールアップです。
  4. 2~3を何度か繰り返します。

膣トレヨガポーズのコツ

ロールダウンとロールアップをより効果的に行うためには、いくつかのコツがあります。

コツを押さえることで、ロールダウン&ロールアップの効果を最大限活かすことができますよ。

  • 膣トレヨガポーズ中は常に骨盤底筋を引き締めることを意識しましょう。
  • あごを引いて行いましょう。
  • 勢いをつけずにゆっくりと行いましょう。
  • ロールダウンをする時は背中をカーブさせてゆっくりと行いましょう。
  • ロールダウンは肩が床についてから頭を床に着けましょう。
  • ロールアップをする時は腕から先に上げていき、つま先へ向かってゆっくりと行いましょう。

腰を反る弓の膣トレヨガポーズ

【膣トレヨガポーズの手順】

  1. うつ伏せになります。
  2. あごを床に着け、右足の先を右手でつかみます。
  3. 息を吸いながら足を引きあげ、顔を起こします。
  4. 視線を天井に向けた状態で10回呼吸をします。
  5. 息を吐きながら手足を元の状態にもどし、呼吸を整えます。
  6. 2~5の手順を左足も同様に行います。
  7. 両足の先を両手でつかみ、息を吐きます。
  8. 息を吸いながら両足先を引き上げ、大きく体をそらした状態で10回呼吸を行います。
  9. 息を吐きながらうつ伏せになり、休みます。

弓の膣トレヨガポーズで骨盤底筋を鍛える以外に得られる効果

弓のポーズは様々な効果を得られるため、身体の健康を維持するためにヨガをしている人からも、注目されているヨガポーズです。

便秘を改善したり、呼吸系の疾患を癒したり、背中の痛みや肩こりを改善したりなどの効果が。

また身体だけではなく、ストレスや不眠の対策にもなると言われ、精神面のケアにも役に立つそう。骨盤底筋を鍛える以外に、心身を癒してくれる効果も期待できます。

そもそも膣トレヨガで骨盤底筋を鍛えるメリットって?

骨盤底筋という言葉を耳にすることが少ないため、どのような役割をしているのか分からない方が多いかと思います。

骨盤底筋とは排泄のコントロールや骨盤の安定、姿勢の維持など様々な役割をしてくれる筋肉。膣の引き締めだけではなく、尿漏れを改善する効果もあります。

以下に、骨盤底筋を鍛えるメリットをまとめてみました。

  • 膣の締まりが良くなり、尿もれを改善してくれる
  • 骨盤のゆがみを改善してくれる
  • 姿勢が正しくなり、キレイな姿勢を保てる
  • 内臓を支え、お腹のたるみを改善してくれる

膣のゆるみをほおっておくと、生活に支障をきたすだけではなく、最悪病気になってしまうことも。

この機会に、簡単に取り入れられる膣トレヨガを試す、膣引き締め治療を行っているクリニックに相談するなど、早い段階で対策を考えてくださいね。

膣トレヨガの膣引き締め効果が待てない!という方は…

ヨガで膣の引き締め効果を得るには、どうしても時間がかかってしまいます。

そのため、「今すぐ膣を引き締めたい」と考える人にヨガは向いていないかもしれません

また、膣トレで効果が得られるのは膣周辺の筋力アップまでです。膣の奥から筋肉を引き締める方法を探したいなら、診断テストであなたに合った方法を探してみましょう。

あなたに合った
膣トレ方法が分かる
診断テストはこちらから