愛され膣美人に必ずなれる 膣トレ・膣引き締め完全マニュアル » みんな知りたい!膣がゆるむ原因をまとめました » 肥満にともなう尿漏れ

肥満にともなう尿漏れ

「体重が増えてから尿漏れに悩まされるようになった…」という方、その原因は膣を支える骨盤底筋の機能低下かもしれません。骨盤底筋の働きが悪いと、尿漏れをはじめ膣圧が下がってしまうこともあります。ここでは、肥満にともなう尿漏れの原因や尿漏れと関係性のある骨盤底筋に関連する情報をご紹介します。

肥満で尿漏れする原因は「骨盤底筋」(腹圧性尿失禁)かも

尿漏れはデリケートな悩みなので、人には知られたくない、気づかれたくない気持ちから誰にも相談できないもの。尿漏れと一言で言ってもいくつかの種類がありますが、お腹に力が入った時に起きる尿漏れを腹圧性尿失禁と言います。原因は、骨盤の底にある骨盤底筋の弱化。腹圧性尿失禁は限られた方だけに起きるものではなく、30歳以上の女性であれば3人に1人が悩みを抱えている問題です。

くしゃみやせきなどでお腹に力が入る、つまり腹圧がかかっても骨盤底筋が膀胱と尿道を支えているため、尿漏れを起こすことはありません。しかし、骨盤底筋が正しく機能してくれない、または働きが弱いと膀胱と尿道を支えられなくなり、尿道が緩んで尿漏れが起きてしまうのです。

では、骨盤底筋はなぜ上手く機能してくれなくなるのでしょうか?出産や便秘など原因はいくつかありますが、その1つに挙げられるのが肥満です。お腹まわりについた脂肪は、骨盤底筋に負荷をかけています。過度な負荷がかかった状態は長くなれば長くなるほど、骨盤底筋が弱ってしまうので注意が必要です。

骨盤底筋とは

骨盤底筋は、骨盤を取り巻いている腸骨尾骨筋、恥骨尾骨筋、外肛門括約筋など8つの筋肉の総称。ハンモックのような形をしているのが特徴で、尿漏れだけでなく膣や肛門の収縮にも関係している筋肉です。そのため骨盤底筋が弱くなると、膣も緩む、つまり膣圧が下がってしまいます。

尿漏れした人が語る膣のゆるみについて

実際に、尿漏れに悩んでいて膣のゆるみも感じている方の口コミ・体験談をまとめてみました。

  • 最近トイレまで我慢がきかず、少しだけ漏れてしまい下着を汚すことが増えました。それと同時期から彼との営みも気持ちよくなくなってしまって…。膣がゆるんでしまったんじゃないかと思います。
  • 30代前半になってから縄跳びをした時に尿漏れが…。とてもショックを受けました。恥ずかしいですが、しまりが悪くなっているのかなと思っています。
  • 気を抜くと尿漏れしそうになります…。お風呂に入ると気付かないうちに膣にお湯が入ってしまって、お風呂から上がると膣からお湯がジワっと流れ出ることも珍しくありません。
  • 40代ですがくしゃみやせきをすると軽い尿漏れが起きるように…。ひどい日は尿漏れ用のパッドを一日に何回も取り換える必要があり、持ち歩かなければいけません。尿漏れは洋服に響くので、確認するためにトイレに行くこともしばしば。男性との営みでは、膣圧や締まりに自信を無くしてきました。

膣圧が気になったら放置せずクリニックに相談!

「骨盤底筋や膣がゆるいかもしれない…」と悩んでいても、友達に相談するのには抵抗がありますよね。しかし、誰にも相談せずに1人で悩みを抱え込むのはつらいもの。膣のゆるみ、膣圧の低下に悩んでいる時は、一度クリニックに相談してみるのがおすすめです。デリケートな悩みなので、女性医師が担当してくれるクリニックを選ぶと相談しやすいのではないでしょうか?クリニックの中には、女性器の悩みを改善するための治療に力を入れているところもあります。女性器に関する豊富な知識を持つ医師に相談すれば、悩みの解決に向けた最適な方法をアドバイスしてくれます。

正しくケアすれば膣圧は改善できる!

ゆるんでしまった骨盤底筋や下がってしまった膣圧も、改善するためには正しいケアをすることが大切。骨盤底筋を鍛えるエクササイズがありますし、ケーゲルボールやトレーニングボールなど膣トレを目的としたアイテムもあります。ただエクササイズや道具を使ったトレーニングは続かなそうという方は、1回治療を受ければ半永久的な効果が期待できるクリニックでの治療を選ぶのも1つの手です。

参考サイト・参考文献

婦人科形成・
膣縮小メニューがある
東京のクリニック
20選を見る