愛され膣美人に必ずなれる 膣トレ・膣引き締め完全マニュアル » みんな知りたい!膣がゆるむ原因をまとめました » 産後

産後

女性の尿漏れの原因として最も大きなものが出産。出産を経験した直後の女性には高頻度で尿漏れの症状が現れます。また産後は尿漏れだけでなく膣のゆるみに悩む方も多いようです。実際、80%近くの女性が、出産後に「膣の内部の締め付けが弱くなった」と感じているのだとか。ここでは、産後尿漏れや膣のゆるみが起きる原因をまとめました。

産後「骨盤底筋のゆるみ」が生じる原因

産後尿漏れしやすくなり最も大きな原因は、妊娠・出産時に骨盤底筋が傷つくこと。妊娠中は胎児の成長に合わせて子宮が大きくなります。大きくなる子宮に合わせて子宮を支えている骨盤底筋も引っ張られる形に。また出産時は産道から赤ちゃんを出すためにとても大きな腹圧がかかり、骨盤底筋にはさらなる負荷がかかります。延ばされ続けた筋肉は産後急にもとに戻ることができません。また、帝王切開や吸引分娩など自然分娩以外での出産は周辺組織に負担をかけやすく、産後の骨盤底筋回復を遅らせる要因となります。

女性ホルモンの減少が骨盤底筋のゆるみにつながることも

閉経前後、更年期と呼ばれる年齢に差し掛かると骨盤底筋のゆるみが生じやすくなります。更年期にはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが急激に減少。それまでホルモンによって維持されていた骨盤底筋の機能が衰え、筋力が低下します。

産後、尿漏れが起こらなかった・すぐに回復したという女性でも過去の出産による骨盤底筋のダメージと更年期による骨盤底筋の減少が相まって尿漏れを起こす可能性も。妊娠・出産を経験した女性はしっかりケアしなければ誰でも尿漏れや膣のゆるみが生じやすい状態だと言えます。

「骨盤底筋のゆるみ」と尿漏れ・膣のゆるみの関係

尿がたまる膀胱や排尿時の尿の通り道である尿道は、その大部分を「平滑筋」と呼ばれる筋肉で構成されています。平滑筋は神経によって制御されており、神経がリラックス状態になると尿をとどめている平滑筋がゆるみ、尿が排出されます。自分の意志では制御できません。

しかし私たちが自分の意志で尿の排出をコントロールすることができるのは、尿道の一部である外尿道括約筋と骨盤底筋で平滑筋を支えているためです。これらは手や足と同様に「横紋筋」という筋肉で構成されており、自分の意志で動きをコントロールできます。膀胱や尿道がゆるんでも外尿道括約筋と骨盤底筋がしっかり発達していれば尿をとどめ、尿漏れを防げます。

骨盤周辺を全体的に支えている骨盤低筋は膀胱や尿道だけでなく子宮や膣も覆っており、骨盤底筋がゆるむと尿漏れが起こるだけでなく膣のゆるみも同時に生じているケースが多いようです。

尿漏れや膣のゆるみを改善するには?

尿漏れや膣のゆるみを改善するには骨盤底筋を鍛えるトレーニングが有効です。骨盤底筋は尿道・膣をともに支えているため、症状が軽度であればトレーニングを継続することで尿漏れや膣のゆるみを解消できます。しかし、尿漏れや膣のゆるみで日常生活に大きく支障をきたす場合はクリニックの受診も検討しましょう。とくに産後の膣のゆるみは自分でどうにか対処できる尿漏れに比べ、夫婦間の問題に発展するケースが多いため注意が必要です。

出産後に膣のゆるみを感じた人の口コミ・体験談

実際に、出産して膣がゆるんだと感じた方の口コミ・体験談を集めてみました。

  • 産後5ヶ月ですが、膣の奥が遠くにいった感覚があり、出産前より確実にゆるくなったのも感じます。意識して締めようとしても、締まりません。夫に満足してもらえていない気もするし、かなりショック。セックスの時も上の空になりかけてます…。
  • 出産後、膣のゆるみを感じていました。お風呂のお湯が膣に流れ込んで後から垂れてきたり…たんぽんが自然に落ちてきてしまったり…。それで膣縮小術を決意しました。
  • 産後しばらくは膣がゆるんだ感じがあり、尿漏れもありました。
  • 子どもを産んでから膣のゆるみがひどくて、セックスもできない状態になってしまいました。

膣圧が気になったら放置せずクリニックに相談!

膣圧の低下により尿漏れも起こりやすくなるほか、性交時の感度が悪くなったり、旦那さんに「前よりゆるくなった」と言われたことがトラウマでセックスレスに発展してしまう方などもいるよう。

なかなかオープンにできる話題でもないこと、命に関わるものではないことから病院で診てもらうのを躊躇う方も多いのですが、膣圧の低下は放っておくと「子宮脱」や「膣脱」という病気を引き起こす可能性があります

自宅で行なえる体操やグッズを試してもなかなか改善がみられなければ、一人で抱え込まずに医師に相談することをおすすめします。

子宮脱とは?

子宮脱とは、骨盤内臓器脱という疾患の1つ。

女性の骨盤内には子宮や膀胱、直腸といった様々な臓器が収まっています。これらの臓器は通常、ハンモック状のじん帯によって支えられており、落ちてこないような仕組みになっています。

骨盤内部のじん帯は、様々な原因によって伸びたり切れる可能性のある筋肉。支えている臓器の重さに耐え切れず、本来あるべき高さから下がってきてしまうことがあります。すると臓器が膣を経由して体外に出てきてしまうのです。

膣から出てはいないものの子宮が下がった状態を「子宮下垂」、膣から外に飛び出した場合を「子宮脱」と言います。

この「子宮脱」を起こすと、子宮の位置が元々あった場所からズレることで同時に様々な症状が発生する可能性が。日常生活にも支障をきたすため、他の症状を防ぐためにも他の症状と同様に子宮脱の治療も行なう必要があります。

産後は骨盤底筋がゆるんでおり、それが元に戻らないうちに重いものを持ったり無理をすることで子宮脱を起こす可能性が高まってしまいます。出産直後は消耗した体を休め、回復してきたら骨盤底筋のケアを始めましょう。

正しくケアすれば膣圧は改善できる!

妊娠線のケアと同じように、膣圧も正しくケアすることで元通りに戻すことができます。

自宅でできるものとしては、ケーゲル体操、ピラティス、インナーボールなどが代表的。これらのエクササイズで骨盤底筋を鍛えることによって、膣内のゆるみを改善することができます。

しかし、体操やグッズでの膣引き締めには限界が。美容クリニックでは、即座に膣内を奥から引き締めることが可能。手術をしなくても、最近は高周波やレーザーなどの安全性の高い治療法があり、膣内の引き締めはもちろん、コラーゲン生成を促しハリや潤いも同時に取り戻すことができます。

とくに1年以上経っても膣圧が戻らない場合は、女性器形成専門のクリニックで専門医に相談してみるのがおすすめですよ。

参考サイト・参考文献

婦人科形成・
膣縮小メニューがある
東京のクリニック
20選を見る