愛され膣美人に必ずなれる 膣トレ・膣引き締め完全マニュアル » 年齢別にみる膣圧のお悩みと原因や対処法を紹介 » 50代におこる膣緩みの原因と最適なクリニックは?

50代におこる膣緩みの原因と最適なクリニックは?

50代の女性でも感じている人が多い、膣のゆるみ。どのようなきっかけで始まり、どのような症状を抱えているケースが多いのでしょうか…?実際に膣がゆるいことで悩み、治療した経験のある50代女性の経験談をもとに、見ていきましょう!

以下の3つのポイントに注目してみてくださいね。

  1. 膣に対して抱える悩みと、気付いたきっかけ
  2. どのような治療を行なったか?
  3. 治療後、具体的などのような効果を実感できたか?

50代の膣ゆるみの症状・治療法とは…?実際のエピソードを紹介

それでは、膣のゆるみに悩んでクリニックの治療を受けた、3人の50代女性の声を見てみましょう。

セックス中に、痛みと出血がおこるように…

「出産経験なしの47歳です。パートナーとのセックスで痛みを感じるようになり、出血を伴うこともありました。膣のゆるみというよりは、どちらかといえば加齢による萎縮・乾燥からくる症状なのだと思います。そこで、専門クリニックでのレーザー治療を受けることに。タイトニングレーザーという治療です。効果はバッチリで、膣内部の萎縮が改善され、性交時の出血が減りました。痛みも少なくなったように思います。少しずつ、乾燥していた膣に潤いが戻り、うれしいです。思い切ってクリニックでの治療を決めて、良かったと思っています。」

★膣の乾燥・萎縮により性交で痛みや出血が伴う、というケースですね。加齢により、同じような症状に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?この方はクリニックでレーザーを照射し、萎縮が改善されたようです。潤いを取り戻せたとありますね!

エアロバイクで痛みを感じて…

「出産経験なしの59歳です。エアロバイクをやっているのですが、女性器のヒダがサドルに当たって痛いのが気になり、クリニックに相談。担当ドクターから膣の引き締めにも効くと勧められ、「サーミVA」という施術を受けることにしました。高周波による治療です。施術中、痛みを感じることはなく、温かいような感覚。翌日からも普通に過ごせました。施術後は外陰部のもたつきが解消されて、スッキリ!エアロバイク中も気にならなくなりました。また、お手洗いで拭きやすくなったり、粉瘤ができにくくなったりと、色々な効果を感じられています。」

★一番悩んでいたのは外陰部のもたつきのよう。膣も引き締められるということで、クリニックでの高周波治療を決心したようですね。治療後は気になっていた症状が改善され、他にもさまざまな効果を実感できているようです。

お風呂のお湯が膣の中に入ってしまい…

「20代の時に出産経験を2回した、52歳です。最近、膣にお風呂のお湯が入ってしまい、不快なことがありました。膣をもう一度引き締めたくて、専門クリニックでレーザーを照射してもらうことに(Vタイトニングレーザー)。治療効果ですが、あったと思います!膣のゆるみがかなり改善され、水や空気が膣の中に入ってしまうことがなくなりました。また、セックスの時の膣の密着感もアップしたような気がします。」

★お風呂のお湯が膣に入ってしまうという症状。これは、膣のゆるみで悩む多くの女性が体験していますね。専門のクリニックでレーザー治療を行ない、しっかり改善できたよう。性交時の密着度アップも実感されています。

老化によるゆるみも…?50代の膣ゆるみの原因&対策

50代の女性にも、膣のゆるみを感じて悩んでいる方がたくさんいます。

性交時にパートナーからゆるみを指摘されたり、尿もれやお湯もれから自分で気付くケースも多いようです。

また、年齢による粘膜の乾燥や萎縮などによって、性交時に痛みや出血を伴うケースもあるよう。やはり肌と同じで膣も老化するものなので、適切なケアを行ってあげる必要があるのでしょう。

治療に使われた膣縮小の機械は…?

膣ゆるみの対策としては、上の3つのエピソードを見ると、皆さんが専門クリニックでの治療を選んでいます。受けている施術は、「Vタイトニングレーザー」というレーザー治療。「膣にお湯が入らなくなった」「性交時の密着度がアップした」「性交時の痛みと出血が改善された」など、効果もしっかりと感じているよう。

クリニックで治療を受ける一番のメリットは、セルフでの膣トレと違い、確実な引き締め効果を実感できるところです。また、自分の症状に合った適切な施術を受けられるのも大きなメリット。上で出てくる「Vタイトニングレーザー」以外にも、ヒアルロン酸の注入や高周波による治療、メスを用いた切開手術による治療など、症状に合わせたさまざまな施術が選択可能です。

同じ50代といえど体質や生活習慣は人それぞれのため、膣がゆるむ原因や症状も同じくさまざま。原因や症状が違えば、適切な施術も違ってきますよね。

まずは自分の膣ゆるみの原因や状態をしっかりと把握するため、クリニックでのカウンセリングを受けてみましょう。そのうえで自分に合った最適な施術を受けることが、膣を引き締める一番の早道です!