愛され膣美人に必ずなれる 膣トレ・膣引き締め完全マニュアル » 年齢別にみる膣圧のお悩みと原因や対処法を紹介 » 30代におこる膣緩みの原因と最適なクリニックは?

30代におこる膣緩みの原因と最適なクリニックは?

30代の女性で膣がゆるいと感じている方は、実際にどんな症状で悩んでいるのでしょうか? 膣ゆるみで悩んだ経験のある30代女性の体験談をもとに紹介していきます!

  1. 膣に対して抱える悩みと、気付いたきっかけ
  2. どのような治療を行なったか?
  3. 治療後、具体的などのような効果を実感できたか?

この3つのポイントに注目して、見ていきましょう!

30代で感じる膣ゆるみの症状&対策は?エピソードを紹介!

実際に膣がゆるいと感じ、クリニックでの治療を行なった、30代の女性によるエピソードを3つピックアップ。治療の種類や、その効果などもぜひチェックしてみてくださいね。

性交時、膣に空気が入ってしまうようになり…

「3回の出産経験がある34歳です。性交をしている時に、膣の中に空気が入るようになり、膣のゆるみに気付きました。また、くしゃみをした時に尿もれしてしまうこともありました…。そこで、クリニックでVタイトニングレーザーを受けることに。照射後、性交ではまだ大きな変化を感じていませんが、尿もれが少し改善しました。とくに、施術当日から1週間は、すごく締まっていた感じがします。思い切って施術を決めて、良かったと思います。後悔はしていません!2回目の施術で、さらなる効果を期待します!」

★性交時での変化と尿もれで膣のゆるみに気付いたケース。クリニックで治療を受け、多少改善されたようですね。まだ1回の施術しか受けていないようなので、これからのさらなる効果に期待したいところでしょう!

メンテナンスで1年に一度膣引き締めを行なっています。

「出産経験なしの38歳です。膣のゆるみ(くしゃみをした時に尿もれすることもありました…)を改善するために、もともとインティマによる膣引き締め治療を1年に一度行なっていました。今回は、メンテナンスのために、超音波で膣を引き締める「ヴィーナスハイフ」も一緒に施術。とても効果を感じました!インティマの効果にも満足はしていたのですが、ヴィーナスハイフと一緒に受けることで、かなり締まった感じがします。パートナーも、セックスの時に違いを実感している様子でした。もちろん、自分でもわかりました!ゆるみが強い方は、ぜひインティマとヴィーナスハイフを同時に受けるのもおすすめですよ。

★膣の引き締めをキープするため、1年に一度、定期的なメンテナンスを行なっているようですね。今回は2種類の施術を同時に受けたよう。かなり効果があり、パートナーも締まりを実感してくれたようです。良かったですね!

夫がなかなかイケなくなり、お湯もれや尿もれの症状も…

「2度の出産を経験している34歳です。いつからか、お風呂に浸かると毎回膣の中にお湯が入るように。また、夫との性生活でも、お互いに満足できないようになっていました。さらに、時々尿もれがおこることも…。自分の膣はゆるいのか!?と気になり、ネットで色々と調べて、クリニックでの治療を受けることに決めました。施術法はVタイトニングレーザー。多少のピリピリはありましたが、ほとんど無痛で、翌日からも違和感なく過ごせました。効果もものすごく、翌日には見た目の変化がわかるほど。気になっていたお湯もれも改善されましたし、今後さらに効果が期待できるとのことなので、楽しみです!」

★お湯もれ、尿もれ、性生活での不満がきっかけで、膣ゆるみに気付いたケースですね。クリニックでのレーザー治療で、大きな変化を感じられたよう。翌日には効果を実感したとあります。

出産していなくても注意!30代の膣ゆるみの原因&対策

上で紹介したエピソードを見るかぎり、30代女性の膣のゆるみにおいては、尿もれやお湯もれなどの症状を伴うケースが多いのでしょうか。

出産経験者も増えてくる年代なので、出産を機に膣がゆるくなった…と感じる方もたくさんいるようです

また、出産を経験していない場合でも、運動不足や便秘、肥満、姿勢の悪さなどが原因で膣がゆるむこともあるため、日頃から注意が必要といえます。

治療に使われた膣縮小の機械は…?

上の3つのケースでは、皆さんがクリニックでの治療を選択しており、「Vタイトニングレーザー」を使用したレーザー治療をすすめられている方が多かったですね。効果もちゃんと感じられているようで、「お湯もれがなくなった」「尿もれが改善した」「性交時の感動がアップした」といった感想が上がっています。

クリニックでは、自宅で行なう膣トレーニングとは違って、早くて確実な効果を得られるのが大きなメリット。「Vタイトニングレーザー」以外にも、高周波やヒアルロン酸注入による治療、メスを用いた切開手術による治療など、たくさんの治療の種類があり、自分の症状や希望に合った施術を受けられます。

同じ30代といっても、人によって生活習慣や体質は異なるため、膣ゆるみの症状や原因も、人それぞれ。そのため、適切な施術も違ってくるでしょう。

まずはクリニックでカウンセリングを受けて、自分の膣ゆるみの原因や状態を把握しましょう。そして、自分に合った適切な施術を受けるのがおすすめです。